Jin/Gy-Oのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS UACが有効のまま、確認なしで、アプリを管理者権限で起動する方法

<<   作成日時 : 2011/03/22 22:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 1

 UACは切りたくないけど、特定のアプリだけは管理者権限で起動したい。でもUAC昇格確認画面がうっとうしい。そんな時に役に立つ解決策を紹介します。

■ 原理

(1) タスクスケジューラに登録し、設定で「最上位の特権で実行する」をチェック
(2) トリガーで「ログオン時」にすれば、スタートアップに登録した事と同じになる


■ 任意のタイミングで起動したい場合(schtasksコマンド)

(1) タスクスケジューラに登録するが、トリガを設定しない
(2) schtasks.exeコマンドから起動する

 コマンドプロンプトで、以下のコマンドを実行すればタスクが起動される。実際には、引数込みのショートカットを作成して利用する。コマンドプロンプトが表示されるのがいやなら、ショートカットのプロパティで、実行時の大きさを「最小化」にしておく。タスクバーに瞬間表示されるのもいやなら、WSH等を利用して非表示で起動する。

schtasks.exe /run /tn タスク名


■ 任意のタイミングで起動したい場合(ランチャー利用)

(1) タスクスケジューラにランチャーとなるアプリケーションを登録
(2) ログイン時に、管理者権限で起動する(上位の特権で実行する)
(3) そのランチャーから起動したプロセスは管理者権限で起動される


■ プロセスの優先順位を変更する (今回のポイント)

 タスクスケジューラから起動されたプロセスは、「優先度→通常以下」「I/O優先度→低」となってしまう。タスクスケジューラの設定画面では、起動時の優先度を設定できないが、以下の方法で通常、もしくは、高優先度で起動する事ができる。

(1) タスクスジューラに登録し、優先度以外の設定を済ませる
(2) タスクをエクスポートし、一旦削除する
(3) エクスポートしたファイル(xml)を編集し、下の方にある<Priority>7</Priority>の値を変更する
 → 4にすれば「優先度→通常」「I/O優先度→通常」
 → 1にすれば「優先度→高」「I/O優先度→通常」
(4) 編集したファイルをインポートする


 以上で、だいたいの場合、不都合なし管理者権限で起動できるようになるはず。お試しあれ、そしてフィートバックよろしく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
有難う御座います。お陰様でうまく出来ました。
タスク登録すれば事実上回避できるUACって、セキュリティ上どれだけ効果があるのかよくわかりませんね。
KAZ
2012/08/24 16:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
UACが有効のまま、確認なしで、アプリを管理者権限で起動する方法 Jin/Gy-Oのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる